能代市地域おこし協力隊

観光スポット案内#001

バスケの歴史が一挙にわかる、能代バスケミュージアム

バスケの歴史に
見る・触れる

能代市と聞けばおそらく、日本全国でバスケのことを知っている人であれば、あの能代工業高校があるところかと気付く方も多いはずである。知名度の高いバスケの名門、県立能代工業高等学校がある。JR五能線能代駅から歩くと15分ほど。その途中に、この能代バスケミュージアムがある。その名の通り、バスケットボールに特化したミュージアムになっている。

令和2年6月にリニューアルオープンし、以前のミュージアムよりも展示物が格段に多くなっている。おそらくバスケファンにとっては、目から鱗のものばかりだ。日本全国、世界各国からも貴重な資料が揃っている。

月バスが全部揃ってる
なかなか珍しい

そしてこのミュージアムの目玉の一つが、月刊バスケットボールが全巻揃っていることである。実は、発行元でも全巻揃ってはいないらしく、日本全国の図書館でも全てを所蔵しているところはないらしい…(もしかしたらあるかもしれない)。
当時のバスケ情報がふんだんに読むことが出来る。椅子もテーブルもあるので、じっくり読みふけるのもありだ。他にも貴重な書籍が多く揃っている。おそらく、こんなミュージアムは、能代にしかない。

日本には数多くの博物館がある。様々なモノ・コトに特化したミュージアムも多い。ここは、とにかくバスケなのである。能代工業高校が作り上げた伝統を、街としても守っていくべく、ここにミュージアムが存在している。
昔、能代工高と対戦して負けた苦い思い出があるけど、懐かしいななど、訪れる人の中には、そうした思いを持った方もいる。その懐かしいアルバムを開くような感覚にも不思議となれるのがここである。
そして、若い人たちには、秋田が誇る県民チームのBリーグ1部に所属する秋田ノーザンハピネッツの選手のサインや、ユニフォーム、貴重なシューズなども揃っている。多くの資料と展示物がこの空間の中に広がっている。

ミュージアムには、とにかくバスケに詳しい案内人が揃っている。その方々から話を聞くのもあり、一人でじっくりと資料を読みふけるのもあり。思い思いの過ごし方が出来るミュージアムである。自由気ままに、ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
きっと、能代の思い出の一つになるはずです。

能代バスケミュージアム

NOSHIRO BASKETBALL LIBRARY&MUSEUM

〒016-0825 秋田県能代市柳町5-20

<TEL>0185-88-8876

<入館料>無料

<ホームページ>http://www.hoophall.jp/

<アクセス>
鉄 道:JR能代駅から徒歩5分
お 車:秋田自動車道 能代南ICから約10分
    秋田自動車道 能代東ICから約10分
駐車場:能代市役所駐車場 徒歩2分
    イオン能代店駐車場 徒歩3分

メニューへ